髙木 いさお(たかき いさお)

 

・詩人。
・1954年4月8日、京都市に生まれる。

・9歳の頃から詩を書き始める。

・17歳の時、「詩を書くことで生活できたらいいなあ」と思うようになる。しかし、21歳から始めた写真に夢中になり、約5年間は写真家になることを目指す。

・23歳の時、1月9日から1週間、京都新聞本社近くにあった「GAギャラリー」で初めての個人写真展『髙木いさお写真展・さり気ない光景を何気なく』を開催する。※【1】

・33歳の初夏、病気のため事務職サラリーマンを辞める。

・34歳の秋に添人の懐妊を知り、我が子への思いを『桜の咲く頃』という私家版小詩集にまとめる。我が子を育てる体験を通して、すべての子どもが毎日笑顔で暮らせる社会を願うようになる。しかし、子どもの周りにいる大人たちが幸せでないとそのような社会は実現しないとの思いから、すべての子どもと誠実に生きようとするすべての大人の幸せのために詩を書いている。テーマは、友情、恋愛、子育て、教育、仕事、老い、貧困、DV、性暴力、いじめ、児童虐待、自殺、平和…等多岐にわたる。 

・小詩集8作品を発表する。

・2003年12月に編集工房ノア社から『詩集・愛することと優しさについて』を本格出版。その後、子ども出版から原則8月6日を発行日として詩集を出版する。

・2004年4月、デビュー作『詩集・愛することと優しさについて』(編集工房ノア)が多くの人に深い感動を与えているとして、広報ひらかたに掲載される。

・2004年4月、枚方在住の詩人としてFMひらかた(77.9MHz)に出演する。

・2004年7月、編集工房ノア社版『詩集・愛することと優しさについて』が好評の為増刷される。

・2005年8月6日子ども出版から詩集『愛することと優しさについて』<携帯版>を出版する。(同内容の編集工房ノア社版『詩集・愛することと優しさについて』は絶版にした。)

・2006年1月1日、子ども出版から写真詩集『こどものためにあいうえお』を出版する。

・2006年1月、朝日新聞ウィークリー教育コーナーで「子どもが被害者にも加害者にもならず、毎日笑顔で暮らせる社会にしたい」そんな願いを込めて書かれた詩集が反響を呼んでいる。と3編の詩とともに記事紹介される。【5】

・2006年1月、毎日新聞大阪版に相次ぐ子ども事件を憂慮し、子どもの幸せを願って詩集を出版した詩人として記事紹介される。【6】

・2006年8月6日、子ども出版から写真詩集『雲のある風景』を出版する。

・2006年11月、毎日新聞夕刊に愛読者の女子高生が自ら命を絶ったことをきっかけに、「決して死なないでほしい」という思いを込めて作った写真詩集『雲のある風景』についての記事が詩「17歳の時」とともに記事紹介される。この記事は、docomoのネットニュースで配信され、米国イリノイ州から問い合わせがあった。【7】

・2007年7月、毎日新聞夕刊に岡山県津山市の美作高校で、髙木いさおの詩集『愛することと優しさについて<携帯版>』と『雲のある風景』を自宅に1年間持ち帰って読みメッセージを添えて後輩に渡す『詩集のリレー、命のリレー』に取り組んでいると記事紹介される。【8】

・2007年8月6日、子ども出版から詩集『愛することと優しさについて その2』を出版する。

・2007年8月、1カ月の予定で始まった紀伊国屋書店京橋店での『髙木いさおフェア』が、2008年10月までの15カ月間開催される。

・2008年5月、毎日新聞高知版の「支局長からの手紙」というコラムで、写真詩集『こどものためにあいうえお』が、ひらがなを習う教材として、大阪市の小学校や滋賀県のブラジル人労働者の子どもたちに使われていると記事紹介される。【9】

・2008年8月6日、子ども出版から詩集『子ども大好き!! 四つの力を育てよう』を出版する。

・2009年4月、飛騨高山テレ・エフエム(愛称:ヒッツFM)の番組「飛騨の歴史再発見!」のブログで、郡上八幡近くの浄土真宗大谷派の寺院「油石山本福寺」の山門に、髙木いさおの詩「見抜く」が掲載されていると写真とともに紹介される。【10】

・2009年8月6日、子ども出版から恋愛詩集『らぶそんぐ』を出版する。

・2010年3月、『第21回テキサス州日本語スピーチコンテスト』(ヒューストン日本総領事などが主催)の中級課題詩に、詩「誠実について」が選ばれ、ライス大学ヘリングホールで協議が開催される。(ちなみに、初級課題詩は谷川俊太郎の詩「ありがとう」。)

・2011年5月、女性月刊誌MORE7月号で『心が元気になる「詩」』として詩「楽しい人生、最高の人生」が掲載される。

・2011年6月、朝日新聞大阪版で詩「東日本大震災の詩4編」(「大災害の中で」、「涙する人」、「帰る家」、「こんなときに雪が降る訳が分からない」)が掲載され、3月に4編の詩が英国ロンドン大学SOAS(東洋アフリカ学院)や米国の高校などで授業で紹介され、募金活動などに使われたことが、記事紹介される。【11】

・2011年6月9日、米国テキサス州のウッドランド高校の生徒たちによって広島原爆ドーム前で詩「8月6日」が朗読される。

・2011年7月25日、朝日新聞デジタルに『広島、53年ぶり8.6ナイター試合前に鎮魂歌』としてネット掲載される。

・2011年7月26日、読売新聞(朝刊)及び朝日新聞(朝刊)に試合前セレモニーの内容が掲載される。

・2011年8月2日、毎日新聞(夕刊)に掲載される。

・2011年8月6日、広島のマツダスタジアムでの広島カープ対巨人試合前セレモニーで、詩「8月6日」が朗読され、約3万人の来場者には「8月6日」を印刷したハガキが配布される。/同日、石井琢朗氏のオフィシャルブログにてネット掲載される。

・2011年8月7日、スポニチネット版及びヒューバーランド2ndにネット掲載される。

・2012年5月5日、飛鳥新社から8冊目の詩集『愛することと優しさについて』(著者が選んだベスト版)が出版される。

・2012年4月29日、産経新聞/5月4日、聖教新聞/5月16日、毎日新聞(東京版)/5月17日、毎日新聞に飛鳥新社版、詩集『愛することと優しさについて』が広告掲載される。

・2013年1月7日、安倍なつみ氏のラジオ「あなたに会えたら」で朗読、紹介され、ネット掲載される。

・2013年2月1日、広報ひらかたに掲載される。

・2013年3月31日、いじめ関連ブックリスト(全校種)に、詩集『愛することと優しさについて』<携帯版>と写真詩集『こどものためにあいうえお』が選出される。

・2014年、東日本大震災の被災者の皆さんを思って作った歌「東北へ届けよう!」を自ら歌い、子ども出版のホームページ上で公開される。

・2014年2月1日、兵庫県猪名川町の文化体育館小ホールで『子どもたちの今、そして未来へ ~大人は子どもの応援団~』として講演会が開催される。/1月24日、いなぼうネットにて告知掲載される。

・2015年2月6日、大阪市立長吉南小学校で『五校園PTA成人教育講座』として講演会が開催される。

・2015年2月7日、大阪市立長吉中学校ホームページで2月6日の講演会の模様が掲載される。

・2015年3月、東日本大震災の被災者の皆さんを思って作った歌「東北へ届けよう!」を自ら歌い、YouTube上で公開。

・2015年4月、髙木いさおのTwitter(@isao_takaki)を開始。

・2015年5月、2015年8月6日の被爆70年に向けて、65周年を迎える広島カープの応援歌を作り、YouTube上で公開。

・2015年5月28日、中国新聞、中国新聞ネット版で掲載される。

・2015年7月28日、中国新聞セレクト第一面の「想」で、コラムに書く髙木いさお氏が特集される。

・2016年、8月6日を発行日として、子ども出版から9冊目の詩集『教育詩集 子どもの毎日の笑顔のために』を出版する。

・2016年8月22日、広島の原爆ドーム前で、広島県主催の『レクイエム・コンサート』で、詩「8月6日」が朗読される。

・2019年春、『詩と写真のポストカード』100種シリーズを制作開始する。

・2019年6月29日から8月6日まで、紀伊國屋書店天王寺ミオ店で『髙木いさおフェア』が開催される。

・2019年8月6日を発行日として、子ども出版から写真詩集『こどものためにあいうえお』<改訂版>を出版する。

・2019年秋、東日本大震災の被災地石巻と女川を訪れ、2編の詩を書く。

・2020年秋、『詩と写真のポストカード』100種シリーズの第1期20種が完成する。

・現在、大阪府枚方市在住。

 

※以上の歩みの全文または抄文をWikipediaの髙木いさおの項目に投稿します。

 

 

脚注

①京都新聞1978年1月10日夕刊の「あすの情報コーナー」に掲載。 

②広報ひらかた 2004年4月1日号に掲載。

③2022年2月末閉局のFMひらかた(77.9MHz)の『三人寄れば779』に出演。

④図書新聞2685号(2004年7月10日)に編集工房ノア社が好評増刷の広告を掲載。

⑤朝日新聞2006年1月16日朝刊に掲載。

⑥毎日新聞2006年1月25日朝刊大阪版に掲載。

⑦毎日新聞2006年11月8日夕刊に掲載。

⑧毎日新聞2007年7月7日夕刊に掲載。

⑨毎日新聞2008年5月26日高知刊に掲載。

⑩飛騨高山テレ・エフエム(愛称:ヒッツFM)の番組「飛騨の歴史再発見!」のブログに2009年4月9日掲載。

⑪朝日新聞2011年6月6日朝刊大阪版に掲載。

 

  髙木いさおさん、20歳の頃

2013.02.01>枚方市の広報誌『広報ひらかた 2月号』で髙木いさおさんが紹介されました。以下のページよりご覧いただけます。

 

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、髙木いさおさんへの講演等のご依頼は下記までお願いします。

TEL&FAX:072-848-2341

メールはこちら